ブライトエイジ 販売店

ブライトエイジの使い方は?

 

ブライトエイジはメイク落とし→洗顔→化粧水→美容液という手順でお肌をケアしていきます。

 

 メイク落とし

 

 

1 適量を手のひらに取りましょう

 

清潔な手のひらに適量(500円玉大)を取ってください。

 

2 マッサージしながらなじませます。

 

メイクとなじませながら、やさしくマッサージ。
マスカラなどのポイントメイクは目の周りをよりていねいになじませます。

 

3 水またはぬるま湯で洗い流します。

 

鼻筋や小鼻、口の周りもていねいに。
2〜3回繰り返し、水またはぬるま湯で洗い流します。

 

ポイントメイクはどのように落とすとよいですか?

マスカラやアイシャドーのようなポイントメイクは、目の周りをよりていねいに、
やさしくなじませると落ちやすくまります。

 

ダブル洗顔は必要ですか?

しっかりメイクのときは、メイク落としと洗顔料の使用をおすすめします。
軽いメイクのときは、このメイク落とし1品でもOKです。

 

 洗顔

 

 

1 手のひらに適量を取り、泡立てます

 

顔をぬらし、清潔な手のひらに適量(2p程度)をとり、水またはぬるま湯を加えながら、ていねいに泡立てます。

 

2 きめ細かいもちもちの泡を作ります

 

泡立ってきたら、少量の水を足し、さらにきめ細かい泡をたっぷり作ります。
よく泡立てたら、顔にのせます。

 

3 水またはぬるま湯で洗い流します

 

泡で顔全体をやさしく包み込むように洗い、
水またはぬるま湯でしっかりすすぎます。

 

洗顔料は、よく泡立ててなければいけないのですか?

しっかり泡立てた泡で洗うことで、摩擦による肌への刺激を抑えることができます。
弾力のあるもちもちした泡が肌を包み込み、うるおいを残しながらやさしく洗い上げます。

 

洗顔は顔のどこの部位から洗えばよいのですか?

比較的皮脂の多いおでこと鼻筋のTゾーンから洗い始めます。
その後、頬のVゾーン、最後にデリケートな目元や口元の順に、
泡でやさしく洗いましょう。

 

化粧水

 

 

1 適量を手のひらに取りましょう。

 

清潔な手のひらに適量(500円玉大)を取ってください。

 

2 肌にやさしくなじませます。

 

肌に刺激を与えないように、顔の中心から外側へ、下から上へ、を意識して、肌に優しくなじませます。

 

3 手のひらで抑え、浸透させます。

 

最後に手のひらで顔全体を包み込んで、しっかり浸透させます。

 

少量でも十分うるおうので使用量は減らしてもいい?

化粧水は浸透力に優れていますが、角質層のすみずみまでうるおいで満たすには、
おすすめの使用方法をきちんと守ることが大切。
手のひらで押さえ込むようにつけるのがおすすめです。

 

コットンを使ってもいいの?

年齢肌は新陳代謝が低下して肌表面に古い角質や汚れがたまりがち。
週に1〜2回程度は、コットンで拭き取るケアがおすすめです。
そうすることで、さらに美容液の浸透を高めます。

 

 美容液

 

 

1 適量を手のひらにとりましょう

 

化粧水で肌を整えた後、適量(大きめパール粒大)を手に取ります。

 

2 両頬など顔の5カ所につけます

 

両頬、額、鼻、あごの五カ所に乳液状美容液をつけます。

 

3 肌に押し込むようになじませます。

 

やさしくすべらせるように、手のひらで軽く押し込むようになじませます。

 

朝使うと、化粧くずれしたりしませんか?

美容液は浸透が非常によく、ベタつきが残りにくい処方です。
しっかりなじませてからメイクをすれば化粧くずれしにくくなります。
気になる場合は量を調整してお使いください。

 

口元など気になる箇所へのケア方法は?

美容液を顔全体にのばした後、気になる箇所に、重ねづけすれば、よりふっくら弾力アップ。
ほうれい線ケアのマッサージも効果的です。